「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方薬/投薬の方法
市販のノミ駆除薬をつけたら、つけた部分を気にして数日たっても舐めようとしています。薬が合わなかったのでしょうか。

ミックス | 7歳11カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ノミ駆除薬にはさまざまな種類のものがあります。猫によっては、つけた部分が脱毛するなど、皮膚に異常を引き起こすケースがまれにあります。ノミを駆除する成分に反応している場合もあれば、添加剤に反応している場合もあり、その判別は難しいです。もしも薬をつけたところに脱毛や赤みなどが伴う場合や異常に気にしてしまう場合は一度診察を受け、皮膚の状態を確認してもらいましょう。ノミ駆除薬の中には滴下式のもの以外に、飲み薬もあります。愛猫に合ったタイプのものを選んでもらうといいでしょう。また、猫は身体に何かが付いたり、塗られることに敏感な生き物です。皮膚に異常がない場合は、猫が薬を塗られた部分を気にしすぎてしまってその周囲を舐めているケースもあります。あまり気にするようなら、飲み薬のノミ駆除薬がいいかもしれません。また、滴下式のノミ駆除薬は口に含んでしまうと有害です。必ず猫の舐められない肩甲骨の間につけてあげましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。