「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方子猫子猫の食事
最近、乳歯が抜けるようになりました。フードを軟らかくしたほうがいいでしょうか。

アメリカンカール | 0歳3カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫も人間と同様に、乳歯から永久歯に生えかわります。生後3カ月ころから始まり、7〜8カ月ころに完了します。最初に前の歯である切歯が、次に奥歯の臼歯が抜け、最後に牙の犬歯が抜けます。抜けるときに多少の出血がおこったり、抜けた歯をそのまま食べてしまうこともありますが問題はありません。フードも軟らかくする必要はありません。ドライフードを噛むなどの適度な刺激を与えたほうがいいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

ねこ図鑑の関連記事

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。