「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方発情期
ここ1週間くらい愛猫の外陰部からおりもののような液体がでていました。元気も食欲もありますがこのまま様子を見てもいいでしょうか。

… | 4歳11カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫は発情出血がないため、発情に出血やおりものが伴うことはありません。そのため、外陰部に分泌物がみられる場合は病気の可能性を疑います。子宮に膿がたまる子宮蓄膿症は早急に治療をしないと危険な病気です。最初は食欲、元気があっても急激に悪化しますので、早めに動物病院に行かれたほうがいいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • みんなの愛猫は安心している?
  • 猫から人にうつる病気
  • 愛猫と自撮り写真を撮ってみよう!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 秋の夜長の過ごし方
  • 愛猫へのラブレター

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。