「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方健康管理
室内飼育ですが、室内に全く日光が当たりません。健康を害したりしないでしょうか。

雑種 | 4歳1カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫の場合は、日照不足だけで体調不良になることはほとんどないと考えられています。 特に、猫は紫外線による皮膚でのビタミンDの合成をする能力がもともと低いため、食餌からビタミンDをきちんと摂取できれば栄養面での問題はまずおこりません。 ただし、ビタミンDは補いすぎるとかえって体調不良になることがあります。その他のビタミン類やミネラルなどをバランスよく含む、品質のよい総合栄養食を与えるようにしましょう。 また、日照不足に伴う風通しの悪さや湿気などで体調不良になることはありますので、バランスのよい食生活と共に通気・空調などにも気を配ってあげるほうがよいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。