「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方薬/投薬の方法
便がもともとゆるいです。ビオフェルミンを飲ませてもよいでしょうか。

アメショー | 0歳11カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ビオフェルミンは人間用のお薬です。人間の薬を動物に使用する場合には、まず動物病院で愛猫のお腹の診察をしてもらい、その際に診ていただいた獣医師に直接ご相談し判断を仰ぐべきです。 ビオフェルミンのように、腸内に善玉菌を補って腸内の環境を整えるお薬については動物用の製品もあります。ですが、そういったお薬が今回ご相談の愛猫に効果があるかについては何とも言えません。便がもともとゆるいことの原因が、腸内環境の乱れではなく全く別なことだった場合、腸内環境を整えてもそれだけでは症状の改善につながらないケースもあります。お薬を飲ませる前に受診をするもしくはかかりつけの獣医師にきちんとご相談の上で検討されるとよいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • パーツでわかる ねこのきもち
  • 「猫の知能は3歳児くらい」ってホント?
  • “アルファベット”感染症
  • 愛猫を救うのはカスタム防災
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。