「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

生態・行動気持ち
たまにしっぽを踏んだり押さえたりしても鳴かないことがあるのですが、大丈夫でしょうか。

ミックス | 0歳6カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

大丈夫だと思われます。もしご相談者様の愛猫に、腰や尾の周辺の神経に異常があって、鳴かないのでしたら、後ろ足が麻痺したり、常にしっぽがだらっと下に向いているような状態になってしまったり、排尿や排便がうまくできずに、垂れ流しのような状態になるなどの症状を伴います。またこのような神経症状は、進行性でだんだん症状が悪くなっていくことが多いです。 おそらく、あまり痛くなかったか、多少痛くても我慢できる範囲だったのでしょう。また猫の性格によっても、鳴いて文句をいうような猫もいれば、ある程度は我慢してしまう猫もいます。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。