「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ食事誤飲・誤食
タバコを誤飲してしまったかもしれません。

ミックス | 6歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫はタバコを誤飲してしまったかもしれないのですね。タバコはそれに含まれるニコチンが中毒症状を示します。個体差はありますが、猫の体重1kgあたり1〜2mgのニコチンの量で毒性が発現します。ちなみに、通常1本のタバコには0.1〜30mgのニコチンが含まれています。中毒量のタバコの誤飲をしてしまった場合、通常10分〜1時間以内に症状が発現し、興奮やふるえ、嘔吐や下痢などの症状が見られます。 猫はタバコを一本食べてしまうということはあまりないと思いますが、多量のタバコの吸い殻が入ったニコチン入りの水を舐めてしまうと大変危険です。また、ニコチンは皮膚からも吸収されます。 ご相談者様の愛猫は食べてしまったかどうか分からないということですが、特に体の小さな猫や子猫は特に危険ですし、かかりつけの獣医師に連絡していただき、食べてしまったかもしれない量を報告していただき、指示を仰ぐようにしましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毎日は猫のニャモーレに溢れてる!
  • ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト
  • オスの性格・行動ランキング10
  • 猫もグッズも ベタ→サラ革命
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 猫との暮らし 理想と現実
  • 社会はもっと猫にやさしくなった
  • 猫のために何ができるだろうか

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。