「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方多頭飼い
新しく子猫を迎え入れる予定ですが、先住猫に対する注意点は何かありますか。

ミックス | 13歳9カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫は警戒心の強い動物です。どんな猫でも始めは新しい猫を警戒します。先住猫のペースに合わせて徐々に慣れさせていきましょう。 まずは別の部屋(ケージ)にそれぞれの猫を分けてください。ケージを利用する際は、ケージをできるだけ離して、お互いの顔が見えないようにします。ケージが一つしかない場合は、子猫のみケージに入れ、ケージにタオルをかけるなどして、姿を隠しましょう。そして、お互いのにおいのついた敷き物などを用意して、お互いに交換します。交換する際に、おやつや食事をあげるようにするとそのにおいによいイメージがつきます。においになれたら、物越しにお互いを対面させます。お互いの存在に慣れてきたら、人の監視下で、お互いを会わせてみます。 この際、先住猫が嫌がるようでしたら、無理に子猫に近づけようとするのは逆効果です。先住猫のペースで、子猫に近づくのを待ちましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


無料LINEスタンプ配信スタート!!

ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毛柄×性格 相関データ
  • 猫の「うれしい」をたとえると
  • 私と猫の冬ごもり計画
  • 猫にまつわる「研究会」?
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 慢性腎不全 最前線
  • 会社に貢献!猫とCEO
  • 猫旅CaTrip【対馬編】

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。