「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


ねこ図鑑:マンチカンの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

マンチカン

まんちかん

歴史History

マンチカンは自然発生の猫種ですが、1983年、アメリカ・ルイジアナで計画交配されるようになりました。足が短い特殊な体型から交配に反対する論争が巻き起こり、猫種認定についてはまだ論争中で、主要な登録団体のすべてが公認しているわけではありません。しかし一部の団体からは「新種」として認定されています。 『オズの魔法使い』に登場する背の小さいマンチキン族になぞらえてマンチカンという名前になったという説もあります。

外見の特徴・性格などFeature & Style

マンチカンの特徴といえば、やはり短い足。あまりにもユニークなその見た目から、健康上の問題が注視されたこともありますが、検査の結果、健康体であることが確かめられています。ただし、マンチカン同士の交配は骨格や関節などに発症する遺伝病の危険もあるため、TICA(The International Cat Association)などの猫認定団体は、ミックス(ドメスティック)との交配のみ認めています。そのため性格は多種多様です。傾向として、活発で社交的なタイプが多いです。とくに飼い主さんに対しては、すぐにすり寄ってくる甘えん坊な一面が。 ほかの猫種に比べて、赤ちゃんやほかのペットとも仲よくできる協調性や順応性が高いといわれています。 運動は苦手なのではと懸念されることもありますが、見た目と反してジャンプや走ることが得意。ただし、後ろ足の短さから、跳躍力はほかの猫種に比べて制限されます。飛ぼうとして後ろ足だけの「2足直立」をすることがあります。

毛質

短毛や長毛など、さまざまな毛足のマンチカンがいます。多くは細くやわらかい直毛で、触り心地がいいのが特徴です。長毛でも、もつれやすい毛質ではないので、ほかの長毛の猫種に比べてお手入れはしやすいでしょう。

毛色

毛質同様、異種交配の関係で、さまざまな毛色や毛柄が生まれます。しかし傾向として、クラシック・タビー(銀色の地色に濃いインクのような黒の縞模様)、マッカレル・タビー(体の両側に縦の縞模様が切れ目なく入っている)や、バイカラー(レッド&ホワイト、ブラック&ホワイトなど)が多く見られます。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 手首と足首の関節に骨でできたこぶが形成されてしまう「小人症及び骨軟骨異形成症」
  • ■ 短い足が体重を支え切れなくなって、骨と骨との間にありクッションの役割を果たす椎間板が飛び出して末梢神経を圧迫する「椎間板ヘルニア」
  • ■ 胃や腸など消化器官内に毛玉ができ、詰まってしまう「毛球症」
  • ■ 尿路内に石が形成され、血尿や膀胱炎の原因になる「尿石症(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム)」

監修:服部 幸 東京猫医療センター院長

東京都江東区の猫専門病院「東京猫医療センター」院長
北里大学獣医学部卒業。
2年半の動物病院勤務。
2005年よりSyuSyu CAT Clinic院長を務める。
2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年東京猫医療センターを開院する。
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事。
10年間、猫の専門医療に携わる。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 長いお付き合いになる病気
  • 猫と水のお蜜なカンケイ
  • 換毛期にすること
  • 猫への思い込みをチェック!
おすすめ特集
  • ねこのかわいさAtoZ
  • 猫の新生活
  • 愛猫の健康を守る「飼い主」編

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]