「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


ねこ図鑑:ペルシャの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

ペルシャ

ぺるしゃ

歴史History

長毛種の代表、ペルシャ。その起源は諸説ありますが、16世紀にイタリア人によってペルシアからイタリアに持ち込まれた猫、もしくは同じころにトルコからフランスに持ち込まれた猫が最初のようです。どちらも、東西貿易の重要な中継地だったペルシア帝国から、香辛料や貴金属といっしょに持ち込まれました。この猫は「アンゴラ猫」もしくは「フランス猫」と呼ばれ、上流階級の人々の愛玩動物として広まったといわれています。 またキャットショーにおける歴史も古く、1871年にイギリスで開催された世界初のショーにおいてブラック、ブルー、ホワイトのペルシャ160匹が出場。19世紀の終わりには、イギリスからアメリカへと渡り、瞬く間にブリーダーの注目を集めました。その後何度も改良を重ねられ、豊富な毛色のバリエーションをもち、現在のショーでもっとも見かけることの多い猫種の1つです。

外見の特徴・性格などFeature & Style

特徴的なのは何と言っても顔付き。顔の形はまん丸で、いわゆる鼻ぺちゃ顔。目と目の間にへこみがあり、ノーズブレイクと呼ばれます。平たいように見える顔ですが、じつは額もあごも発達していて、鼻のある中心にかけてくぼんでいます。また、丸くて離れて付いている目や、垂れ下がったようなマズルが独特な表情をつくり出します。 体格は骨太で、筋肉がしっかりと付いています。足先も丸くて大きめ。バランスよく体を支えることができますが、俊敏な動きは不得意です。走り回るより、座っていることが多いでしょう。性格は大人しくて控えめな傾向があります。

毛質

被毛は長く柔らかく、とても艶やかで豪華な印象です。分厚い被毛は15cmに及ぶこともあり、みっしりと生えています。そのうえ1年を通して毛が生え変わり、顔がくぼんでいることもあって、ペルシャは自分で毛づくろいすることが困難。そのため、毎日のブラッシングが欠かせません。お手入れを怠ると毛玉ができることがあります

毛色

すべてのパターンや毛色が認められていますが、毛色によって細分化された名前で呼ばれることがあります。 一般的には、ソリッド(単色)、シェーテッド&スモーク(毛先の色が異なる&根元の色が白)、タビー(しま模様)、シルバー&ゴールデン(チンチラ・シルバーなど)、パーティーカラー(複合色、すべてメス)、3色(キャリコ)、2色(トーティ)などに分けられます。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 鼻がつぶれているため、ほかの猫よりも鼻涙管が圧迫されて涙が出やすい。こまめに目ヤニを取り、固まって取りにくいときは、湿らせたティッシュなどで、拭き取る必要がある「流涙症」
  • ■ 心臓の筋肉が厚くなりすぎて、心臓に十分な血液を送り出せなくなる「肥大型心筋症」
  • ■ 心臓の周りに体液がたまり、心臓の働きを邪魔したり、呼吸が苦しくなったりする「心嚢水」
  • ■ 腹膜と心膜がくっついてしまい、肝臓や腸が胸の中に入ってしまうことがある「腹膜心膜横隔膜ヘルニア」
  • ■ 脱毛や炎症、痒みを引き起こす「皮膚糸状菌症」
  • ■ 顔のしわの部分に摩擦が起きて、皮膚が赤くなったり、細菌などに感染しやすくなったりする「顔雛壁間擦疹」
  • ■ 頭や首にかさぶたができたり、赤くなったり、自分で傷をつくったりする「特発性顔面皮膚炎」
  • ■ フケが多かったり、皮膚が脂っぽくなる「原発性脂漏症」
  • ■ 胎児のときにあった経路が残り、肝臓に消化管で吸収した栄養が入っていかない病気「先天性門脈体循環シャント」
  • ■ 液体を充満した嚢胞が肝臓にいくつもできる。症状がでないこともある「多発性肝嚢胞」
  • ■ ブルースモークの毛色のペルシャのみ発症の可能性がある。好中球がうまく働けず、血小板の機能も障害を受けて貧血を起こす「チェディアック-東症候群」
  • ■ 皮膚の良性腫瘍で、頭や首にできることが多い「基底細胞腫」
  • ■ 皮膚にできる腫瘍で、いぼ状の形をしており、良性であることがほとんど「皮脂腺腫瘍」
  • ■ 眼の表面(角膜)の一部が、黒くなり、もろくなる「角膜分離症」
  • ■ まぶたが内側に折れて入り込み、眼を刺激して、目ヤニや涙が多く出る「眼瞼(がんけん)内反症」
  • ■ 徐々に視力が低下し、最後には失明に至ってしまう「進行性網膜萎縮」
  • ■ 明らかな原因が不明な膀胱炎で、何度もトイレに行き、血尿などの症状が現われる「特発性膀胱炎」
  • ■ 腎臓にたくさんの嚢胞(のうほう/水がたまった袋)ができ、腎臓の働きが徐々に低下し、やがて腎不全になる「多発性嚢胞腎」
  • ■ 尿路内に石が形成され、血尿や膀胱炎の原因になる「尿石症(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム)」
  • ■ 精巣が陰嚢内になく、お腹の中や皮膚の下にあり腫瘍化しやすい「潜在精巣」
  • ■ 鼻や咽頭部にポリーブができ、鼻水や、鼻血の原因になる「鼻咽頭ポリープ」
  • ■ 血が止まりにくく、中程度から重度の出血を引き起こす「出血傾向:血友病A」
  • ■ 鼻の穴が小さかったり、喉頭がうまく動かないなど、生まれつき呼吸がしづらい「短頭種気道症候群」

監修:服部 幸 東京猫医療センター院長

東京都江東区の猫専門病院「東京猫医療センター」院長
北里大学獣医学部卒業。
2年半の動物病院勤務。
2005年よりSyuSyu CAT Clinic院長を務める。
2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年東京猫医療センターを開院する。
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事。
10年間、猫の専門医療に携わる。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • みんなの愛猫は安心している?
  • 猫から人にうつる病気
  • 愛猫と自撮り写真を撮ってみよう!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 秋の夜長の過ごし方
  • 愛猫へのラブレター

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]