「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


ねこ図鑑:ヒマラヤンの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

ヒマラヤン

ひまらやん

歴史History

1920年代、ペルシャとシャムの特徴を併せ持つ猫を作り出そうと、イギリスやスウェーデンのブリーダーによって交配が始まりました。しかしペルシャのロング・コートとシャムのポイントカラー(耳、顔、足の先端、しっぽだけが濃い毛色)の遺伝子は両方とも劣性遺伝だったため、誕生まではかなり苦労がありました。1935年ハーバード大学の協力のもとヒマラヤンの原型となる長毛猫が誕生しました。当時のイギリスでは「カラーポイント・ロングヘア」としてペルシャの変種として見なされましたが、その後ブリーダーの努力により1957年にはCFA(THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC./猫登録協会)により、ヒマラヤンとして公認され、今も毛色のバリエーションは増えつつあります。

外見の特徴・性格などFeature & Style

ペルシャの密生したゴージャスな長い被毛と、シャムのエキゾチックな毛色を持ち合わせているのが特徴です。瞳の色はシャムほど濃くはありません。鼻を中心とした顔部、耳、足、しっぽなど体表温度の低い部分に濃い毛色が現われるポイントカラーも特徴的です。 ヒマラヤンの性格は、自分の周囲の出来事を眺めるだけで満足しているペルシャと、いつも行動することを考えているシャムの中間と言われています。中間の性格のヒマラヤンは社交性が高く、のんびりしています。 静かに座っていることが多いですが、猫が望めば適度な運動をさせましょう。美しい被毛を維持するため、十分な栄養を与える必要があります。

毛質

ツヤがあり、長くなめらかな手触り。デリケートで、密度が高くふわふわで豪華なダブルコート。

毛色

シールポイント(こげ茶色)、チョコレートポイント、ライラックポイント、ブルーポイント、などのポイントカラー。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 心臓の周りに体液がたまり、心臓の働きを邪魔したり、呼吸が苦しくなったりする「心嚢水」
  • ■ 腹膜と心膜がくっついてしまい、肝臓や腸が胸の中に入ってしまうことがある「腹膜心膜横隔膜ヘルニア」
  • ■ 脱毛や炎症、かゆみを引き起こす「皮膚糸状菌症」
  • ■ 皮膚が弱くなって、皮膚が簡単に裂けたりしまったりする「エーラス・ダンロス症候群」
  • ■ 顔のしわの部分に摩擦が起きて、皮膚が赤くなったり、細菌などに感染しやすくなったりする「顔雛壁間擦疹」
  • ■ 温度の変化によって猫の色の毛が変わってしまう「猫の先端黒化症」
  • ■ 頭や首にかさぶたができたり、赤くなったり、自分で傷をつくったりする「特発性顔面皮膚炎」
  • ■ 胎児のときにあった経路が残り、肝臓に消化管で吸収した栄養が入っていかない病気「先天性門脈体循環シャント」
  • ■ 皮膚の良性腫瘍で、頭や首にイボのような腫瘍ができることが多い「基底細胞腫」
  • ■ 少し触れたりしただけで、過剰に反応し、ひどいと自分で足に噛み付いたりする「猫の知覚過敏症」
  • ■ 眼の表面(角膜)の一部が、黒くなり、もろくなる「角膜分離症」
  • ■ 尿路内に石が形成され、血尿や膀胱炎の原因になる「尿石症(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム)」
  • ■ 精巣が陰嚢内になく、お腹の中や皮膚の下にあり腫瘍化しやすい「潜在精巣」
  • ■ 鼻の穴が小さかったり、喉頭がうまく動かないなど、生まれつき呼吸がしづらい「短頭種気道症候群」
  • ■ 鼻や咽頭部にポリーブができ、鼻水や、鼻血の原因になる「鼻咽頭ポリープ」
  • ■ 目の水晶体が濁り、ぶつかったり、つまずいたり、動作がぎこちなくなる「先天性白内障」 「」
  • ■ 腎臓にたくさんの嚢胞(のうほう/水がたまった袋)ができ、腎臓の働きが徐々に低下し、やがて腎不全になる「多発性嚢胞腎」
  • ■ コロナウイルスというウイルスが原因で、発熱、食欲不振、嘔吐、下痢などの症状により徐々に弱ってしまい、一度発病すると死亡率が高い病気。排泄物に含まれる菌が口、鼻経由で感染する「猫遺伝性腹膜炎(FIP)」
  • ■ 気管支炎が慢性化し、発作的な呼吸困難や咳を発症する「喘息」

監修:服部 幸 東京猫医療センター院長

東京都江東区の猫専門病院「東京猫医療センター」院長
北里大学獣医学部卒業。
2年半の動物病院勤務。
2005年よりSyuSyu CAT Clinic院長を務める。
2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年東京猫医療センターを開院する。
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事。
10年間、猫の専門医療に携わる。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]