「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


ねこ図鑑:サイベリアンの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

サイベリアン

さいべりあん

歴史History

シベリア猫とも呼ばれる最大級のイエネコです。起源については不明とされていますが、古くからロシア国内に広く生息していたらしく、民話にもよく登場します。 1871年にキャットショーに初めて出展されました。しかし20世紀になるまでロシアでは猫をペットとして飼うという認識がほとんどなかったということもあり、ロシアでの交配はほぼされておらず、1980年代になってからようやくされるようになりました。1990年にアメリカに渡り、2002年以降は世界中で広く人気の猫種となりました。 サイベリアンといえば、ロシアのプーチン大統領から、大の猫好きとして知られる秋田県知事・佐竹敬久氏に贈られた「ミールくん」が有名。ロシアからの東日本大震災の被災地支援に対するお礼として、愛犬家であるプーチン大統領に秋田犬の「ゆめちゃん」を贈ったことがきっかけとなりました。

外見の特徴・性格などFeature & Style

野性的な見た目のとおり、好奇心いっぱいで運動神経も抜群です。しかし一方で愛嬌たっぷりで親しみやすい性格。集合住宅でも飼いやすいでしょう。 もともとロシアの厳しい寒さを生き抜いてきた猫種とあって、体は屈強そのもの。大柄で、がっしりとしています。一方で顔は中型で丸みがあり、愛くるしい表情をしています。 また、何よりも全身が厚くふさふさの被毛に覆われているのが特徴です。中くらいの長さのしっぽは、とくにふさふさで太く見えます。この美しい被毛を守るには、毎日のブラッシングが欠かせません。とくに春にかけての換毛期は、よりこまめに手入れしましょう。

毛質

寒さや雪から身を守るために発達した上毛(オーバーコート)は、油分が多く硬い手触りです。その下には、体温を閉じ込める下毛(アンダーコート)が密に生えています。また、サイベリアンは、厳しい寒さにも耐えうる3層構造の「トリプルコート」という、大変珍しい被毛の個体が多く存在することで知られています。

毛色

ブラウン系のタビーが多いですが、すべてのパターンや毛色が認められています。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 寒さに強い反面、夏の暑さは苦手なため、呼吸が浅く速くなったり、口からヨダレを垂らすなどの症状が見られる「熱中症」
  • ■ 心臓の筋肉が厚くなりすぎて、心臓に十分な血液を送り出せなくなる「肥大型心筋症」

監修:服部 幸 東京猫医療センター院長

東京都江東区の猫専門病院「東京猫医療センター」院長
北里大学獣医学部卒業。
2年半の動物病院勤務。
2005年よりSyuSyu CAT Clinic院長を務める。
2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年東京猫医療センターを開院する。
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事。
10年間、猫の専門医療に携わる。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • ○○がある・ないでわかる病気
  • ニャ論調査2017 #2 フード編
  • サマーシャンプーしちゃお★
  • キャット・ファースト24h
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おだらけねこ祭り
  • 本当にあった\ちょっと/怖~い話

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]