「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


ねこ図鑑:エキゾチックショートヘアーの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

エキゾチックショートヘアー

えきぞちっくしょーとへあー

歴史History

ペルシャとアメリカンショートヘアーを交配して誕生したのがエキゾチックショートヘアーです。元々はアメリカンショートヘアーと同一にされていましたが、アメリカンショートヘアーと区別されるべきという意見により、1960年代半ばに「エキゾチックショートヘアー」として独立しました。初期のエキゾチックショートヘアーはペルシャとバーミーズの交配がほとんどでしたが現在はバーミーズの遺伝子は不要と方針が変わり、エキゾチックショートヘアー、アメリカンショートヘアーおよびペルシャでの交配がされています。

外見の特徴・性格などFeature & Style

「短毛のペルシャ」と呼ばれるほど、被毛の長さ以外、外見の特徴、性格ともにペルシャにそっくりです。何といっても特徴的なのは、びっくりしたように見える丸くて離れた目と、つぶれたような上向きの鼻。体型も短毛になることで、丸くてずんぐりむっくりしたフォルムが強調されて、ペルシャよりも愛嬌たっぷりの印象です。筋肉が発達していますが、足は丸くて太く、ジャンプには向いていません。ゆったり歩いたり、優雅に座っていたりする印象が多いのは、この骨太な足のためでしょう。 性格も穏やかで、静かに過ごすことを好むのはペルシャと同じです。とはいえ、やはりアメリカンショートヘアーの血を引いているので、遊び好きで好奇心旺盛な一面もあるようです。

毛質

やや長めの短毛で、艶やかで弾力性のある毛質です。下毛(アンダーコート)も濃く密に生えています。体に対して毛が立つように生えているため、お手入れも非常にラク。しかし冬毛が抜ける時期には、毛玉ができないよう念入りにブラッシングをしたほうがいいでしょう。

毛色

ホワイト、ブルー、各色のタビー(縞模様)や三毛など、すべてのパターンや毛色が見られます。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 鼻がつぶれているため、ほかの猫よりも鼻涙管が圧迫されて涙が出やすい。こまめに目ヤニを取り、固まって取りにくいときは、湿らせたティッシュなどで、拭き取る必要がある「流涙症」
  • ■ 心臓の筋肉が厚くなりすぎて、心臓に十分な血液を送り出せなくなる「肥大型心筋症」
  • ■ 心臓の周りに体液がたまり、心臓の働きを邪魔したり、呼吸が苦しくなったりする「心嚢水」
  • ■ 腹膜と心膜がくっついてしまい、肝臓や腸が胸の中に入ってしまうことがある「腹膜心横隔膜ヘルニア」
  • ■ 脱毛や炎症、痒みを引き起こす「皮膚糸状菌症」
  • ■ 顔のしわの部分に摩擦が起きて、皮膚が赤くなったり、細菌などに感染しやすくなったりする「顔雛壁間擦疹」
  • ■ 頭や首にかさぶたができたり、赤くなったり、自分で傷をつくったりする「特発性顔面皮膚炎」
  • ■ フケが多かったり、皮膚が脂っぽくなる「原発性脂漏症」
  • ■ 胎児のときにあった経路が残り、肝臓に消化管で吸収した栄養が入っていかない病気「先天性門脈体循環シャント」
  • ■ 液体を充満した嚢胞が肝臓にいくつもできる。症状がでないこともある「多発性肝嚢胞」
  • ■ 皮膚の良性腫瘍で、頭や首にできることが多い「基底細胞種」
  • ■ 皮膚にできる腫瘍で、いぼ状の形をしており、良性であることがほとんど「皮脂腺腫瘍」
  • ■ 眼の表面(角膜)の一部が、黒くなり、もろくなる「角膜分離症」
  • ■ まぶたが内側に折れて入り込み、眼を刺激して、目ヤニや涙が多く出る「眼瞼(がんけん)内反症」
  • ■ 徐々に視力が低下し、最後には失明に至ってしまう「進行性網膜萎縮」
  • ■ 明らかな原因が不明な膀胱炎で、何度もトイレに行き、血尿などの症状が現われる「特発性膀胱炎」
  • ■ 腎臓にたくさんの嚢胞(のうほう/水がたまった袋)ができ、腎臓の働きが徐々に低下し、やがて腎不全になる「多発性嚢胞腎」
  • ■ 尿路内に石が形成され、血尿や膀胱炎の原因になる「尿石症(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム)」
  • ■ 精巣が陰嚢内になく、お腹の中や皮膚の下にあり腫瘍化しやすい「潜在精巣」
  • ■ 鼻や咽頭部にポリーブができ、鼻水や、鼻血の原因になる「鼻咽頭ポリープ」
  • ■ 血が止まりにくく、中程度から重度の出血を引き起こす「出血傾向:血友病A」
  • ■ 鼻の穴が小さかったり、喉頭がうまく動かないなど、生まれつき呼吸がしづらい「短頭種気道症候群」
  • ■ 先天性で罹ってしまうことも多い、目のレンズの役割をしている水晶体が白く濁る病気。視力が低下してしまう「白内障」

監修:服部 幸 東京猫医療センター院長

東京都江東区の猫専門病院「東京猫医療センター」院長
北里大学獣医学部卒業。
2年半の動物病院勤務。
2005年よりSyuSyu CAT Clinic院長を務める。
2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年東京猫医療センターを開院する。
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事。
10年間、猫の専門医療に携わる。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 猫にもあるの?この気持ち
  • 大切なことはオシッコが教えてくれる
  • 猫に嗜好品はいかが?
  • 去勢・避妊手術のすべて
おすすめ特集
  • 愛猫の成長 はじめて記念日
  • 猫の体を科学する
  • これいいね!教えます

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]