「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


ねこ図鑑:アメリカンカールの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

アメリカンカール

あめりかんかーる

歴史History

アメリカンカールは、1981年にアメリカのカリフォルニア州で発見された迷い猫が起源です。シュラミスと名付けられたこの猫は、黒い長毛の猫。大きく反り返ったその耳は、常染色体優性遺伝により発現するものであること、またこの遺伝子は突然変異により自然発生したものであることがわかっています。アメリカンカールは、すべてこのシュラミスの血をひいています。アメリカンカールは原産国のアメリカでは新種としては異例のスピードで全ての猫種登録団体に公認されています。

外見の特徴・性格などFeature & Style

アメリカンカールの際立った特徴といえば、名前の由来にもなった反り返った耳です。しかし生まれたときの耳はまっすぐな状態で、徐々に反った状態に定着します。また、約50%の確率でカールしない耳(ストレートイアー)が生まれます。体全体は、筋肉質なセミフォーリン。頭部は丸みを帯びたくさび型(「V」に近い形で辺が閉じた三角形)です。 性格は、聡明で落ち着きがあるといわれています。子供や来客などとも比較的スムーズに仲よくなるでしょう。一方、遊びも大好きなので、毎日充分に遊んであげましょう。猫タワーなども配置して、動き回れる環境もつくりましょう。

毛質

最初に発見された猫が長毛だったので、ロング〜セミロングのタイプが多く見られていましたが、現在は短毛もいます。細くやわらかい下毛がほとんどないので、もつれが少ないのが特徴。ただし、キレイな毛質を保つためにも、とくに長毛の場合は毎日のブラッシングを欠かさずに行いましょう。

毛色

最初に発見されたアメリカンカールの起源とされる猫はブラック一色でしたが、現在はあらゆる毛色が見られます。ポインテッド(濃い毛色に対して薄い部分がある。足先などの体の先端には色が出るタイプ)の場合、目の色がブルーになる傾向が見られます。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 大きく反り返った耳には細菌が入りやすいため、細菌やカビが原因で、外耳道に炎症が起こる「外耳炎」
  • ■ 曲がった耳を無理に伸ばすことで傷ついてしまう「軟骨の損傷」

監修:服部 幸 東京猫医療センター院長

東京都江東区の猫専門病院「東京猫医療センター」院長
北里大学獣医学部卒業。
2年半の動物病院勤務。
2005年よりSyuSyu CAT Clinic院長を務める。
2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年東京猫医療センターを開院する。
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事。
10年間、猫の専門医療に携わる。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]