「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

猫の病気・症状データベース:ノミアレルギーについての詳細情報です。

部位から探す > 皮膚・アレルギー >
ノミアレルギー(のみあれるぎー)

ノミアレルギーの症状と治療、予防方法

■解説
ネコノミが体に寄生することで、アレルギー症状を引き起こす。かゆみを感じて体を噛んだりひっかいたりすので、毛が抜けたり発疹を起こすこともある。ネコノミは人に寄生することもある。ノミ駆除薬を使って治療を行う。

■原因
ノミが寄生することによって、ノミが体の上を動く機械的な刺激や、ノミが吸血する際体に入る唾液などが原因となってアレルギー反応を起こします。

■症状
激しいかゆみが特徴で、突発的に体を掻き始めたり患部を口で噛んだりします。発疹、発赤、湿疹、脱毛などがみられ引っ掻いて傷ができてしまうこともあります。

■診断
強い痒みや皮膚炎がみられ、多くの場合同時に体にノミが確認できます。ノミの糞は水でぬらすと赤錆色になるので、わかりやすい診断方法です。ノミの卵が犬の住環境に見つかることもあります。

■治療方法
まず、体に寄生しているノミを駆除、予防します。同時に皮膚の治療を行います。ひっかいたことによる傷や病変の湿疹、かさぶたなどに対して抗生剤、かゆみを抑える抗炎症剤などが処方されます。

■予防方法
アレルギーは一度発症すると治ることはありませんので、毎年ノミ予防をしっかりしましょう。家の中で繁殖すると大発生する可能性がありますので、ノミがいなくなるまで駆除、予防を行い、症状が回復するまで治療をしましょう。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • みんなの愛猫は安心している?
  • 猫から人にうつる病気
  • 愛猫と自撮り写真を撮ってみよう!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 秋の夜長の過ごし方
  • 愛猫へのラブレター

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]