「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

猫の病気・症状データベース:猫ざそう(猫ニキビ)についての詳細情報です。

部位から探す > 皮膚・アレルギー >
猫ざそう(猫ニキビ)(猫ざそう(ねこにきび))

猫ざそう(猫ニキビ)の症状と治療、予防方法

■解説
下あごにニキビができ、脱毛する。年齢に関係なく、猫がかかりやすい病気の一つ。二次感染を起こして、炎症を起こすことも多い。あごが毛づくろいしにくく、汚れやすいことが原因と考えられている。患部を消毒し、シャンプーで清潔にして治療する。

■原因
フードの食べかすなどと飲み水の水分が残ることによって、皮膚の常在菌が繁殖し炎症などを引き起こします。

■症状
はじめは黒い点状のツブツブの汚れが付着するだけですが、ひどくなると脱毛したり、赤くただれたり、ひっかいて出血したりします。

■診断
猫挫創は顎ニキビといわれるほど、黒い点状の汚れ、脱毛、発赤などの特徴的な症状が現れますので、これらの臨床症状より診断します。

■治療方法
炎症や細菌感染がない場合は患部を湿らせた温かいタオルや消毒液で汚れをふき取ったり、猫用シャンプーで洗浄すると治ることがあります。
炎症が起こり細菌感染がある場合は患部の消毒に加え、抗生剤や抗炎症剤の投与または、軟膏の塗布が効果があることがあります。

■予防方法
にきびができやすい猫は何回も繰り返すことがあります。毛穴に汚れや皮脂などがたまらないようにこまめに拭いてあげましょう。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]