「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

猫の病気・症状データベース:猫クラミジア症についての詳細情報です。

部位から探す > 感染症 >
猫クラミジア症(ねこくらみじあしょう)

猫クラミジア症の症状と治療、予防方法

■解説
クラミジアという微生物がほかの猫から感染することで、結膜炎や鼻水、咳などの症状を起こす病気。進行すると気管支炎などを併発し、重篤な場合は死に至ることも。抗生物質で治療する。多頭飼いやほかの猫との接触が多い場合はあらかじめワクチンを接種することもできる。

■原因
猫クラミジアという微生物に感染することによる。感染経路としては、感染している猫と接触することによる接触感染が多く、感染している母猫から子猫へと感染する垂直感染もある。

■症状
目やにを伴う結膜炎、くしゃみ、鼻水、咳など。進行すると気管支炎などを併発し肺炎などから、重篤な場合は死に至ることもある。

■診断
猫クラミジア感染症の診断としては、ウイルスのRNA検出があげられます。

■治療方法
クラミジアに効果のある抗生物質を投与します。重篤な場合は輸液で水分補給をしたり、栄養補給をします。

■予防方法
クラミジアが予防できる混合ワクチンの接種で免疫力を高めます。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • ライフステージ別 気を付けたい病気
  • 遊びが盛り上がる♪ 魔法の手づかい
  • ドラマチック・フード物語
  • うちのじゃまかわいい猫たち
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • おうちジムのススメ
  • 猫とパンダが似ている8の理由

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]