「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

猫の病気・症状データベース:尿毒症についての詳細情報です。

部位から探す > 泌尿器官 >
尿毒症(にょうどくしょう)

尿毒症の症状と治療、予防方法

■解説
腎不全や下部尿路症候群などの病気が進行し、体外に排出されなければならない有害な物質が体の中にたまる症状。食欲がなくなり、嘔吐や下痢を繰り返す。ひどくなると死に至ることもあるので、早急に治療が必要となる。

■原因
腎不全や、心不全、下部尿路症候群などで体の中から老廃物がうまく除去できなくなり、血中に有害な物質が溜まってしまうことが原因でおこる。

■症状
初期の症状としては元気・食欲の低下など。進行してくると、嘔吐や下痢を繰り返し、死に至ることもある。

■診断
血液検査によって腎臓機能の評価、体内の老廃物の状態についての評価を行い診断する。

■治療方法
輸液などによって水分補給をし、尿と一緒に有害物質を体外に排出させます。症状が改善されない場合は腹膜透析や血液透析を行うこともあります。

■予防方法
尿毒症の原因となる基礎疾患にかかっている場合は、日ごろから猫の様子に気を付けて、尿毒症に発展する前に早めの治療を心がけるようにしましょう。尿毒症の症状はさまざまです。元気がない、食欲がない、嘔吐、口臭が強い、毛づやが悪いなど気になる症状が見られたら、すぐに病院で診察を受けてください。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • みんなの愛猫は安心している?
  • 猫から人にうつる病気
  • 愛猫と自撮り写真を撮ってみよう!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 秋の夜長の過ごし方
  • 愛猫へのラブレター

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]