「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

猫の病気・症状データベース:心臓病についての詳細情報です。

部位から探す > 心臓 >
心臓病(しんぞうびょう)

心臓病の症状と治療、予防方法

■解説
心臓の病気の総称。
心臓の筋肉に異常がおこる心筋症や、心臓の弁に異常がおこる弁膜症、先天的な心奇形(血管系の狭窄や心室・心房中核欠損、など)も含む。

■原因
それぞれの病気により原因は様々ですが、先天的な原因や、甲状腺機能亢進症の合併症として発症するケースもあります。

■症状
それぞれの病気で特徴的な病変もりますが、総じて、心臓の働きが悪くなる事による循環不全(血液を全身にうまく送れなくなる)を発症します。体の中に十分な酸素がいきわたらないため、動くことを嫌がり、疲れやすくなり、少し動いただけで息を切らせてうずくまるなどの症状が現れます。より症状が進むと、慢性心不全の状態に陥ります。

■診断
今のところ完治させる方法はないが、心臓の働きを助ける薬や血圧に作用する薬などで、心臓の負担を軽くする。

■治療方法
心臓の負担を軽減し、心不全へ発展することを少しでも抑えていくことが主な治療になります。血管を広げて血圧を下げる薬や心臓の働きを助ける薬などを使用していきます。心臓の機能を根本的に改善していくことはできないので、できるだけ心機能の維持と悪化の抑制が重要になります。

■予防方法
予防することは難しいですが、まだ症状の出ていない段階で定期健診で発見されるということもあります。定期的な健康チェックと日ごろの体調管理が重要です。また、心臓病が指摘されたら、過度な運動を控えたり、肥満の改善や塩分の多い食事は控えるなど、心臓病が悪化しないように生活習慣にも気をつけるようにしましょう。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • みんなの愛猫は安心している?
  • 猫から人にうつる病気
  • 愛猫と自撮り写真を撮ってみよう!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 秋の夜長の過ごし方
  • 愛猫へのラブレター

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]