「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


猫の飼い方大事典

猫風邪の原因や症状、治療方法などまとめ

猫風邪とは、ウィルス等による呼吸器や眼の感染症のことです。人間の風邪と同様に、発熱や、クシャミ、鼻の症状などが見られます。この記事では、獣医師による、猫風邪の症状や治療方法、対策などをまとめました。

この記事は、ねこのきもち相談室の獣医師が執筆しています。

大好評!獣医師への直接相談「ねこのきもち相談室」

【ねこのきもち相談室とは】

飼い主さんの“愛猫ともっと仲良くなりたい”にこたえる猫のこと総合雑誌「ねこのきもち」の購読者が利用できるサービスです。

経験豊富な獣医師が愛猫の状況・症状に合わせて的確なアドバイス。愛猫の困りごと、疑問・質問などにお答えしています。
動物病院に行くかどうか迷った時や、愛猫の困ったクセや関係性で悩んだ時、電話一本ですぐに専門家に相談できるサービスは、会員の方からも、信頼を寄せていただいています。

「ねこのきもち」について詳しくはこちら

猫風邪の症状とは?

猫の風邪1

◯発熱

およそ38度台が猫の平熱なので、39度5分を超えると発熱していると考えられます。40度を超える高熱がでることもあります。猫の体温は自宅では測定するのは難しいので、いつもよりも体温が高く感じたら動物病院で測ってもらいましょう。

◯クシャミ

猫も普段の生活の中で生理的なクシャミはしますが、風邪の場合は鼻水が伴っていたり、1日のうちにクシャミが何回も出たりするようになります。

◯鼻水

猫風邪の初期はさらっとした水っぽい鼻水、その後黄色や、緑色のドロっとしたものになり次第にかたまってきます。しかし猫風邪が慢性化してしまうと水っぽい鼻水が続く場合もあります。

◯鼻づまり

鼻水が固まってくると、鼻の中にとどまり鼻くう内を塞いでしまい、鼻が鳴ったり口を開けて呼吸をしたりするようになります。これにより、嗅覚も鈍くなったり、呼吸しづらくなったりするので。食欲が落ちる猫もいます。

◯咳

頻繁に見られる症状ではありませんが、乾いた咳、痰がからんだような咳をすることがあります。熱が高く咳や呼吸困難が見られる場合は、肺炎を疑います。

◯結膜炎

眼の痒み、涙や目脂、結膜の充血や腫れが見られます。痛みが出ることもあり、ショボつきがみられることもあります。

◯角膜炎

結膜炎の場合とほぼ同じような症状ですが、眼の痛みが強く出ることがあり、その場合は眼を開けていられないこともあります。

◯口内炎、舌炎

口腔内や舌が赤く腫れ痛みを伴います。涎が垂れ、食欲が低下します。

◯声が出ない、かすれている

咽喉が腫れることで、ノドの痛みや声の変化が起こります。

上記の症状は単独で出現することもあれば、複数が同時期に出現することもあります。急に高熱が出て数日で治ることもあれば、鼻水だけが数ヶ月続くということもあります。また、細菌等の二次感染を起こすと重篤化してしまうこともあります。いずれにせよ、悪化させないように早めに動物病院を受診しましょう。

猫風邪をひく時期はいつが多いの?

猫の風邪2

気温が低い時期や、季節の変わり目が多いのですが、猫にストレスがある場合は季節に関係なく発症します。

猫風邪は治りにくいの?

猫の風邪3

クシャミや鼻水が、長引いてしまうことが多いです。症状が長期に渡り慢性化してしまうと治りにくく、治癒するまでに数週間から数ヶ月かかることもあります。また、治ったと思ったらぶり返し、1年中繰り返し発症することもあります。

猫風邪の原因は?

猫の風邪4

猫風邪の主な原因は、ウィルス感染によるもので、主にカリシウィルスやヘルペスウィルスと言われるものです。これらのウィルス以外の不特定のウィルスでも風邪を引き起こす可能性は十分考えられます。

猫風邪の感染経路は?

猫の風邪5

飛沫感染により感染するので、風邪をひいた猫との接触で感染します。猫の集団の中では感染の拡大が起こりやすく、慢性化しやすい傾向にあります。しかし、室内で単独で飼われている猫でも子猫のときに猫風邪ウィルスに感染したことがあったり、様々な原因で免疫が低下している場合には風邪をひいている猫との接触がなくても発症したりすることはあります。人やその他の動物の風邪が猫に感染をすること、またその逆もありませんが、結膜炎を起こすクラミジアは人にも感染しますので注意が必要です。

同居猫がいる場合、隔離したほうがいいか?

猫の風邪6

風邪をひいている猫と同じ空間で生活していれば、当然感染する可能性はあります。可能であれば、猫風邪をひいてしまった猫は別室に隔離したほうが良いでしょう。

ストレスと猫風邪はどのくらい関係があるか?

猫の風邪7

ストレスと言っても来客や騒音などの一時的なものではなく、ペットホテルや引越し、また高齢による身体的変化や他の病気の発症などによる持続したストレスでは風邪の発症の要因になりうるでしょう。

猫風邪の治療法は?

猫の風邪8

基本的にはそれぞれの症状に応じた対症療法です。

◯内服薬

二次感染を予防もしくは疑う場合には、抗菌薬を使用します。その他、鼻水を抑える薬や咳止め薬、解熱剤なども使用されます。症状が長く続く場合は薬の投与も長期に渡ることもあります。症状が長期で、対症療法の効果が認められない場合で、ウィルスの関与が強く疑われる場合には血液や鼻水などから原因ウィルスを特定して抗ウィルス薬を使用することも、稀ですがあります。

◯注射薬

食欲がないもしくは薬を飲むことができない場合は、注射薬で治療することもあります。1回の注射で2週間効果のある特殊な薬もありますが、ほとんどの薬が1日しか効果が続かないものなので注射をうつために毎日通院することになります。

◯点滴

食欲がなかったり、高熱が続いて脱水傾向にあったりする場合に点滴を行います。通院治療であれば皮下点滴、入院治療であれば静脈点滴が行われることが多いです。

◯点眼、点鼻薬

眼の症状があれば点眼薬を使用します。鼻水鼻づまりの時も猫が嫌がらず、効果が認められる場合は点鼻薬で治療することもあります。

◯ネブライザー

気化した薬液を口や鼻から吸引する方法です。箱やケージ内で数十分吸引するので病院によっては入院で行うこともあります。

猫風邪の治療期間は?

猫の風邪9

症状と猫の状態によって、数日から数ヶ月とかなり差があります。あまりに経過が長い場合は、精密検査を実施し、猫風邪以外の可能性を追求する場合もあります。症状が鼻水クシャミだけなど軽症な場合は、点鼻薬やネブライザーのみで様子をみることもあります。高熱や鼻づまりで食欲が全くない場合や、肺炎を発症し重篤な場合は数日から数週間入院治療することもあります。

猫風邪の治療費はどれくらい?

猫の風邪10

抗ウィルス薬は高価です。また、入院になってしまうと内容にもよりますが、1日1万円前後かかります。通院で内服薬であれば、検査費用を除き、1回数千円程度でしょう。 ※猫の体重や動物病院によって価格が異なりますので、直接動物病院にお問い合わせください。

猫風邪の予防はどうすればいいの?

猫の風邪11

◯混合ワクチン

予防には年1回のワクチンが有効です。猫3種混合以上のワクチンであれば、猫風邪の原因ウィルスが含まれます。ただし、ワクチンに含まれないウィルスでも猫風邪をひく可能性があるということ、また、ワクチンの効果も100%ではないということがあります。しかし、ワクチンを接種しておくと感染しても重篤化しにくいとも言われています。

◯生活環境の管理

過去に風邪をひいたことがある猫は何度も発症することも多いので季節の変わり目の室温管理に気をつけたり、ストレスのない生活を心がけたりするといいでしょう。


無料LINEスタンプ配信スタート!!

ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 毛柄×性格 相関データ
  • 猫の「うれしい」をたとえると
  • 私と猫の冬ごもり計画
  • 猫にまつわる「研究会」?
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 慢性腎不全 最前線
  • 会社に貢献!猫とCEO
  • 猫旅CaTrip【対馬編】

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]