「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「脳、脊髄、神経」についての回答一覧です。

部位から探す
脳、脊髄、神経

犬の脳、脊髄、神経に関するQ&Aです。犬の飼い主さんが抱えやすい脳、脊髄、神経に関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

1-10件(13件中)

並び替え

前へ

    12

    次へ

    8歳のキャバリアキングチャールズスパニエルを飼っています。脊髄空洞症とはどんな病気ですか。

    01

    キャバリア | 8歳10カ月 |

    キアリ奇形(後頭骨形成不全症候群)によって小脳の一部が頭蓋骨の穴から滑りだして脳幹を圧迫し、脊髄内部にできた空洞に異常な液体貯留を起こし、さまざまな神経系の臨床症状を起こすことをいいます。キャバリア…

    キアリ様奇形と言われました。今のところ症状はないのですが、気をつけることがあれば教えてください。

    02

    ヨークシャーテリア |

    キアリ様奇形があることで次第に症状が出てくる可能性があります。頭頸部の痛みや、行動異常、痙攣(けいれん)発作等です。普段から、過度な運動は避け興奮させ過ぎないようにしましょう。また少しでも様子がおか…

    愛犬は1歳半の頃からてんかんです。有効なサプリなどはあるのでしょうか。

    03

    チワワ | 4歳9カ月 |

    てんかんの薬は薬剤の選択、量の調整など難しい点があります。サプリメントは何種類か発売されているようです。有効なものもあるようですが、サプリメントは動物用医薬品ではないので臨床試験などが実施されていな…

    愛犬がてんかんで治療中です。内服薬が変更になりました。今後どうしたらよいのか不安です。

    04

    チワワ | 4歳9カ月 |

    てんかんは脳神経の異常興奮によって発作が起こる病気です。意識を失い全身が痙攣(けいれん)し、足をバタバタさせるなどの症状が起こります。内服薬によって治療を行いますが、発作を全く起こさないようにするこ…

    てんかん発作があり、発作後にかなり興奮してしまいます。薬ではなく、併用できるものや何か対策があれば教えてください。

    05

    ビーグル | 10歳0カ月 |

    基本的には発作のコントロールはお薬を使って行います。決められた投与量や投与の方法を守っていきましょうね。発作に使われるお薬は、できるだけ発作の頻度を少なくするものです。もしも、定期的に発作があり、持…

    8歳になるミニチュアダックスフンドを飼っています。右後足を引きずる症状が出て、動物病院を受診したところ椎間板ヘルニアと診断されました。内服治療をすることになりましたが、悪化したらと思うと心配でたまりま…

    06

    ミニチュアダックス | 8歳0カ月 | C

    ご心配なお気持ちお察しいたします。椎間板ヘルニアの症状にはグレードがあります。それに対して適切な治療をしていくことになります。もちろん途中で症状が悪化する可能性もあるので、いてもたってもいられないお…

    ダックスフンドがなりやすいといわれる椎間板ヘルニアは、どういった症状があるのですか。

    07

    カニンヘンダックスフンド | 6歳10カ月 |

    ヘルニアとは本来あるべき場所から飛び出てしまうことをいいます。椎間板ヘルニアの場合、椎体と椎体の間にある椎間板という軟骨組織が飛び出し、脊髄を圧迫してしまう病気です。椎間板の飛び出しの程度によって症…

    6歳のトイプードルです。たまに発作が起こり、かかりつけの獣医師からはてんかんと言われました。発作があった日は丸1日食欲がありません。このまま特に治療をしない状態でよいのでしょうか。

    08

    T.プードル | 6歳11カ月 |

    てんかんと獣医師がおっしゃったのはおそらく発作の状態からの仮診断でしょう。発作の頻度が数カ月に1回から1カ月に2回以下であれば様子をみることが多いかと思います。しかし突然重度な発作が起きてしまうこともあ…

    以前、愛犬が椎間板ヘルニアの疑いという病態になったことがあります。今は元気ですが、再発しないために気をつけることを教えてください。

    09

    カニンヘンダックスフンド | 6歳11カ月 |

    それは大変でしたね。残念ながら椎間板ヘルニアは遺伝的に発症してしまう病気ですので、どんなに気をつけていてもなってしまうことはあります。しかし、遺伝的要因以外にも発症の原因になることはありますので、そ…

    愛犬がてんかんと診断されました。家庭で気をつけることはありますか。

    10

    ヨークシャーテリア | 3歳2カ月 |

    てんかんは突然に発作が起こり、苦しそうに見えるので、何とかしてあげたくなる人も多いようです。しかし、冷静になって注意深く見守ることが大切です。 体をおさえたり、ゆすったりしないでくださいね。意識のない…

    前へ

      12

      次へ

      いぬのきもち最新号のご紹介

      • ・結構便利!「裏ワザ」お世話テクニック
      • ・場所別MAP付 年末年始の誤飲!!
      • ・\新春/かわいい♥寝姿
      • ・寒がりさんもへっちゃら!? 冬遊び

      • ・車の乗せ方・お出かけドリル
      • ・忍者秘伝!? 子犬の興奮対策

      • ・いぬのきもち的“殺処分0” について
      • ・ランキング!順、読者のお悩み


      いぬねこ連載
      もっと見る
      [PR]
      [PR]
      [PR]

      [PR]

      →弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。