「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「拾い食い」についての回答一覧です。

しつけ食事
拾い食い

犬の食事(拾い食い)のしつけに関するQ&Aです。犬の飼い主さんが抱えやすい食事(拾い食い)のしつけに関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

1-10件(17件中)

並び替え

前へ

    12

    次へ

    散歩中に枯れ葉を食べてしまいます。やめさせたほうがよいでしょうか。

    01

    トイプードル | 0歳10カ月 |

    枯れ葉でも量によっては腸閉塞を起こしたり細菌や寄生虫の感染につながることもあるでしょうからやめさせたほうがよいですね。まずは枯れ葉が無い場所を歩かせるようにしましょう。枯れ葉が落ちていなくても下を向…

    散歩中にミミズの死骸を食べてしまいました。大丈夫でしょううか。

    02

    トイプードル | 0歳8カ月 | S

    人から見ると気持ちの悪いミミズですが、漢方薬に使われたり、食用ミミズが養殖されていたりとなかなか栄養豊富な生き物のようです。何かの病気を媒介するという報告も今のところないようなので、それほど危険では…

    散歩に出ると砂や砂利、石などを食べてしまって困っています。どうしたらよいでしょうか。

    03

    ラブラドールレトリバー | 1歳8カ月 |

    砂や石など本来食べ物でないものを食べてしまうことを異嗜(いし)傾向といいます。異嗜の原因としてはストレス、飢餓(栄養失調)、精神疾患などがあります。もしくは何かしらのきっかけでクセになってしまってい…

    散歩中に拾い食いをします。

    04

    T.プードル | 2歳1カ月 |

    散歩中に拾い食いをしてしまう犬は飼い主さんより先に歩く癖があることが多いのですが、ご相談者様の愛犬はいかがですか。この場合、愛犬が先に落ちている物を見つけ、飼い主さんが気づく頃にはもう食べている、と…

    今日、散歩中に小石か木屑を食べたかもしれないので動物病院へ行ったほうがいいでしょうか。

    05

    マルチーズ | 0歳9カ月 |

    小石や木屑の大きさや形にもよりますが、どちらも胃の中に長く留まる可能性があります。 胃の中の異物は胃の出口を閉塞してしまったり、粘膜を刺激します。その結果、犬は繰り返し嘔吐をしたり、食欲がなくなったり…

    散歩中に木のくずか木の実のようなものを食べてしまいました。大丈夫でしょうか。

    06

    T.プードル | 8歳7カ月 |

    尖ったものでなければ、動物病院で吐き出させることは可能です。危険かどうかは食べたものの種類、量によって異なりますので、食べた可能性のあるものを持って動物病院へ行きましょう。

    散歩中に拾い食いをするのをやめさせたいのですが、どうしたらいいでしょうか。

    07

    トイプードル | 0歳5カ月 |

    下を向かずにお散歩できるようになるとよいですね。食に貪欲なのであればおやつを使うのが効果的かと思います。愛犬が下を向き始めたら名前を呼びおやつを与えましょう。そうやって少しずつ前を向くか、飼い主さん…

    11カ月の愛犬が、口にくわえたものを取ろうとすると怒ります。たまに落ちているものを拾ってしまうので、取り上げたいのですがどうすればいいでしょうか。

    08

    柴犬 | 0歳11カ月 |

    犬は周囲の環境のさまざまなものに興味をもち、それらを確認しながら成長していきます。特に子犬のうちは何でも口に入れて確認をしたがります。食べられないものであれば、通常、自分で吐き出しますが、いったん口…

    愛犬が2時間前にドライイーストを少しなめたようですが大丈夫でしょうか。

    09

    M.シュナウザー | 6歳10カ月 |

    ドライイーストそのものに毒性などはなく、また胃内でドライイーストのみで発酵がおこることはなく速やかに消化されます。ただし、パン種など、ドライイーストを小麦粉など糖類を含むものと混ぜて発酵させているも…

    公園でロングリードで遊んでいるときに拾い食いをします。

    10

    ジャックラッセルテリア | 1歳4カ月 |

    ご相談者様の愛犬は、短いリードのときは拾い食いをしないということですね。拾い食いをさせないトレーニングは、ノーリードのときでも拾って食べないようになるまで続けましょう。 つまり、どんな場所でも落ちてい…

    前へ

      12

      次へ

      いぬのきもち最新号のご紹介

      • ・結構便利!「裏ワザ」お世話テクニック
      • ・場所別MAP付 年末年始の誤飲!!
      • ・\新春/かわいい♥寝姿
      • ・寒がりさんもへっちゃら!? 冬遊び

      • ・車の乗せ方・お出かけドリル
      • ・忍者秘伝!? 子犬の興奮対策

      • ・いぬのきもち的“殺処分0” について
      • ・ランキング!順、読者のお悩み


      いぬねこ連載
      もっと見る
      [PR]
      [PR]
      [PR]

      [PR]

      →弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。