「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 脳、脊髄、神経
15歳のヨークシャーテリアです。引っ越したら、マーキングや粗相が増え、痴呆症を疑っています。どのように対応すればいいでしょうか。

ヨークシャーテリア | 15歳2カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

痴呆の症状はさまざまです。なかにはトイレ以外で排泄したり、突然おもらしをしたりと排尿のコントロールができなくなる犬もいます。しかし、痴呆の場合は排尿以外の症状も見られることが多いです。たとえば、知っている家の中でも立ち往生してしまったり、色々なものへの関心が薄れたり、攻撃性が増す、夜中の徘徊、無駄吠え、食欲の変化など、今までにない行動が出てきます。 もし、気がつかれている症状が排尿の異常だけでしたら、泌尿器の病気も疑われます。また、ご相談のように引っ越しをして生活環境が変わると、不安やストレスを感じるため、トイレの失敗やマーキングが増えることがあります。 初めに、動物病院で、愛犬の症状が痴呆かどうか検査してもらってくださいね。もし、痴呆だと診断がついたら、脳に刺激を与えて、進行を遅らせるよう努めましょう。といっても難しく考えずに、散歩のコースを少し変えたり、新しいおもちゃを与えたり、日光浴の時間を増やすなど簡単なことから行えばよいでしょう。マッサージや優しく撫でてあげるのも、犬にとっては心地よい刺激になります。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・結構便利!「裏ワザ」お世話テクニック
  • ・場所別MAP付 年末年始の誤飲!!
  • ・\新春/かわいい♥寝姿
  • ・寒がりさんもへっちゃら!? 冬遊び

  • ・車の乗せ方・お出かけドリル
  • ・忍者秘伝!? 子犬の興奮対策

  • ・いぬのきもち的“殺処分0” について
  • ・ランキング!順、読者のお悩み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。