「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ > 噛(咬)む/舐める > 人や犬を噛(咬)む
4歳のトイプードルです。数年前から出かけようとすると足に噛みついてきて、大騒ぎするのですがやめさせることはできますか。

T.プードル | 4歳10カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬が飛びついたり噛んできたときは、とにかく無視をします。もう成犬なので飛びつかれたり、噛まれたりしたら結構痛いと思います。でも、愛犬は飛びついたり、噛んだりすることで、何かしら飼い主さんからリアクションがあることを学んでしまっています。最初は大変かもしれませんが、出かけるときに噛んでくるようでしたら「痛い!」と叫んで止まり、愛犬には背を向けてしまいましょう。噛んだり、飛びついたりしてくるうちは、決して愛犬に構わないでください。しばらくして、静かになったら振り返り、「おすわり」などの号令をかけます。静かに従ったら、少し食べるのに時間のかかるようなおやつをごほうびとして与え、それから出かけます。これは数年かけて身についた習慣なので、治すためには同じくらいの時間がかかると思って取り組んでくださいね。また、日頃から運動不足でエネルギーがあり余っていると、おとなしくお留守番することができないことが多いです。普段からしっかり遊んであげたり、運動させエネルギーを発散させてあげましょう。それでも長時間のお留守番は退屈や欲求不満がつのるでしょうから、お留守番の前には運動や遊ぶ時間をしっかり作り、排泄も済ませ、暇つぶしになるようなおもちゃなどを与えてから出かけるようにしましょう。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・結構便利!「裏ワザ」お世話テクニック
  • ・場所別MAP付 年末年始の誤飲!!
  • ・\新春/かわいい♥寝姿
  • ・寒がりさんもへっちゃら!? 冬遊び

  • ・車の乗せ方・お出かけドリル
  • ・忍者秘伝!? 子犬の興奮対策

  • ・いぬのきもち的“殺処分0” について
  • ・ランキング!順、読者のお悩み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。