「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「薬/投薬の方法」についての回答一覧です。

飼い方
薬/投薬の方法

猫の薬/投薬の方法に関するQ&Aです。猫の飼い主さんが抱えやすい薬/投薬の方法に関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

31-40件(53件中)

並び替え

前へ

次へ

塗り薬をもらいましたが、愛猫が舐めてしまいます。問題ないでしょうか。

31

ミックス | 8歳10カ月 |

塗り薬は抗生剤やかゆみ止めを含んでいますので、猫が舐めてしまうと効果がなくなってしまうばかりではなく、副作用の危険もあります。ですから、舐めさせないように工夫してください。薬を塗った直後は、遊んであ…

愛猫の胸腔内に腫瘍があります。一日50ccずつ胸水もたまっています。抗がん剤をすすめられたのですが、負担も多そうなので悩んでいます。

32

ミックス | 8歳10カ月 |

抗がん剤の使用は、外科手術では取りきれない全身性にできる腫瘍(白血病、リンパ腫など)や、診断時にすでに他の組織に転移してしまっている腫瘍、または悪性度が高く手術してもすぐに転移が出てきてしまうことが…

愛猫が下痢と食欲不振のため粉薬をもらいました。しかしごはんに混ぜても食べてくれません。どのように与えればいいでしょうか。

33

ミックス | 0歳5カ月 |

猫に粉薬を与えるときに、ごはんに混ぜて食べてくれたらとても楽ですね。しかし、食欲のないときにごはんに混ぜてしまうと、さらにごはんが食べにくくなってしまうことがあります。ですから、薬はごはんとは別に飲…

愛猫が糖尿病と診断されました。インスリンはずっと投与しなければいけないのでしょうか。

34

ミックス | 3歳6カ月 |

糖尿病とはインスリンというホルモンがうまく作用せず、慢性的に高血糖が続くことをいいます。糖尿病は大きく2つにわけられ、インスリン依存性糖尿病(1型糖尿病・IDDM)とインスリン非依存性糖尿病(2型糖尿病・NI…

毛玉を吐くようになったのでラキサトーンを試してみてもいいでしょうか。

35

ミックス | 2歳0カ月 |

ラキサトーンは飲み込んだ毛玉の排出を促す製品です。愛猫にアレルギーなどの持病がなければ試してみてもいいと思います。もし治療中の病気がある場合や、ラキサトーンを使っても吐き戻しが改善しない場合やひどく…

愛猫がニキビの治療中です。エルタシンは動物用なのでしょうか。

36

アメリカンショートヘア | 6歳2カ月 |

エルタシンは医療用薬で、動物用に開発されたものではありません。感染原因細菌の増殖を阻害し、殺菌作用を示します。通常、膿痂疹、湿疹、にきび、皮膚潰瘍などの二次感染の治療に用いられます。

てんかんの投薬が強いとふらつき、弱いと軽いけいれんを起こします。薬の量が変わるときに獣医師に伝えたほうがいいのでしょうか。

37

ミックス | 1歳11カ月 |

てんかんの薬は1種類ではありません。同じ薬の量を変えてコントロールできないときは、別の薬を使ったり、2種類の薬を合わせて使ったりします。薬を飲んだときの愛猫の様子を詳しく説明して、少しでも愛猫が楽な状…

市販のノミ駆除薬をつけたら、つけた部分を気にして数日たっても舐めようとしています。薬が合わなかったのでしょうか。

38

ミックス | 7歳11カ月 |

ノミ駆除薬にはさまざまな種類のものがあります。猫によっては、つけた部分が脱毛するなど、皮膚に異常を引き起こすケースがまれにあります。ノミを駆除する成分に反応している場合もあれば、添加剤に反応している…

膀胱炎と診断されました。止血剤と利尿剤を飲んでいますが、どうしてこの薬が必要なのでしょうか。利尿剤はよくないと聞いたことがあるため心配です。

39

ミックス | 3歳11カ月 |

一般的に膀胱炎に使用する薬は消炎剤、抗生剤、止血剤で、症状にあわせて単独や組み合わせて処方されます。消炎剤は炎症を抑えるため、抗生剤は膀胱などの尿路に細菌感染を起こしていた場合、止血剤は炎症による出…

下痢をしているので動物病院で粉薬を出されたのですが、パウチのフードに混ぜて与えてもいいですか。

40

ミックス | 9歳11カ月 |

猫に粉薬を飲ませる際、パウチのフードに混ぜてしまってかまいません。ただし、いつも食べる量のパウチに混ぜてしまうと食べ残した場合や薬の混ざっているところだけ避けてしまった場合に薬をしっかり摂取できない…

前へ

次へ


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。