「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「しこり、はれがある」についての回答一覧です。

症状から探す皮膚・毛の異常、症状
しこり、はれがある

猫のしこり、はれがあるに関するQ&Aです。猫の飼い主さんが抱えやすいしこり、はれがあるに関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

1-10件(16件中)

並び替え

前へ

    12

    次へ

    肛門腺が、昨日から緑色の分泌物がでていて、周辺が赤く腫れています。

    01

    アメリカンショートヘア | 12歳7カ月 |

    一般的に、猫の肛門腺の分泌物の色は透明〜茶色がかった色であることが多く、形状は猫によって、固形物に近いものから水っぽいものまでさまざまです。 ご相談者様の愛猫は、肛門腺から緑色の分泌物が出ていて、肛門…

    9歳になる猫です。下あごが腫れているのですが、動物病院へ連れて行ったほうがいいですか。

    02

    アメショー | 9歳10カ月 |

    ご相談者様の愛猫ですが、下あごが腫れてしまっているのですね。食事はきちんと食べられていますか? また、食べ方に異常な様子はありませんか? 下あごが腫れている原因として、あごの外側の皮膚炎や腫瘍、また口…

    1歳になる猫です。肩甲骨付近にできものができました。

    03

    ミックス | 1歳10カ月 |

    ご相談者様の愛猫は肩甲骨付近にできものができているのですね。一概にできものといっても、皮膚に傷ができるなどしてできた炎症性のものやかさぶた、皮膚炎によってできた皮疹、中に老廃物がたまっているような袋…

    前足に、肉球のようなできものがあります。どうしたらよいでしょうか。

    04

    ミックス(茶トラ) | 11歳1カ月 |

    できものができていた場合、それがひどく悪いものなのか、それともそれほど悪くないものなのかは、見た目だけでは判断ができません。一度受診をしてそのできものについてできる限り調べてもらう必要があります。受…

    7カ月のミックスです。左のあごの下に大豆大のしこりがあります。これは何ですか。

    05

    ミックス | 0歳7カ月 |

    あごの下には、リンパ節があります。正常な状態では、触れることが少ないのですが、口内炎や近くに外傷があったりすると大きく目立つようになります。 口内炎や外傷による皮膚炎や膿瘍、何らかの原因で唾液腺が大き…

    9歳になる猫です。わき腹にしこりができているのですが、ワクチン接種が原因ですか。

    06

    ミックス | 11歳10カ月 |

    ご相談者様の愛猫はわき腹にしこりができているのですね。とてもご心配なことと思います。ワクチン接種が原因でできるしこりをワクチン関連性(誘発性)肉腫といいます。この腫瘍は、ワクチンが関係することが多い…

    愛猫の脇の下の近くに大きな腫瘍ができて、どんどん大きくなっています。どうしたらよいですか。

    07

    ミックス | 16歳7カ月 |

    大きな腫瘍が脇の下の近くにできているということですね。場所からすると乳腺組織やリンパ節などが腫れてきているという可能性も考えられます。腫瘍によって愛猫が歩きづらかったり痛みを感じているという可能性も…

    ミックスのメスです。お腹に2つ弾力性のあるしこりを見つけました。これは何ですか。

    08

    ミックス | 0歳10カ月 |

    下腹部に左右同じようにあるしこりでしたら、脂肪の可能性があります。もともと下腹部は皮膚がたるんでいて、脂肪がたまりやすい場所です。 まれではありますが、鼠径ヘルニアが起こっている場合も下腹部にしこりが…

    引き取る予定の外猫の頭にできものがあり、気になります。

    09

    ミックス | 1歳7カ月 | …

    念のため、動物病院で診察を受けましょう。原因は皮膚炎や腫瘤(しゅりゅう)などが考えられます。

    6カ月のアメリカンカールです。ペニスの粘膜に黒いものができていますが、これは何でしょうか。

    10

    アメリカンカール | 0歳6カ月 |

    ペニスの粘膜に見られる黒いできものはあまり一般的ではありません。6カ月とのことですので腫瘍性のものの可能性は低く、内出血や生理的なものの可能性がありますが、確実には言えませんので念のため動物病院で診て…

    前へ

      12

      次へ


      ねこのきもち最新号のご紹介


      11月号のご紹介

      注目特集
      • 獣医師相談室スペシャル
      • 愛猫とのLOVEのカタチ
      • 読むトイレエッセイ
      • 新春 猫みくじ
      おすすめ特集
      • 愛猫に歯みがきしたい!
      • 猫の集中力・記憶力・判断力
      • ゆるり、外猫めぐり

      今月号の特集試し読み


      いぬねこ連載
      もっと見る
      [PR]
      [PR]
      [PR]

      [PR]

      →弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。