「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 排泄の異常、症状 > おしっこ(尿)が出ない
尿閉になってしまって、通院中です。今日動物病院で点滴して帰宅したところ、ごく少量のみ3回排尿しました。

スコティッシュフォールド | 1歳8カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

尿閉とは、尿石症の猫が、膀胱にできた砂のような結晶(結石)が大きくなり、それらが尿道に流れて尿道を塞いでしまうことにより、尿が出なくなってしまう状態のことをいいます。この状態を放置してしまうと、尿毒症という状態になり、数日で亡くなってしまいます。尿閉になってしまったら、すぐに動物病院へ行き、尿道にカテーテルを通すなどして、尿道の開通を行う処置が必要になります。 ご相談者様の愛猫は尿閉になってしまったとのことですから、一度カテーテルなどを通して、尿道の開通を行った後、通院治療をされている途中なのだと思います。しかし、ご相談者様の愛猫は、点滴した後ということで多量に排尿をしないといけないところ、ほとんど排尿ができていない様子です。一度尿閉になってしまいますと、尿道が炎症を起こしているため、尿道がより細くなっていますので、再度尿閉になってしまうことがあります。 今一度、動物病院へ行き、処置してもらう必要があります。また、今度は通院ではなく、入院されたほうがいい状態でしょう。あまり繰り返すようならば、尿道を拡げるような手術が必要になることもあります。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。