「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 皮膚・毛の異常、症状 > しこり、はれがある
9歳になる猫です。わき腹にしこりができているのですが、ワクチン接種が原因ですか。

ミックス | 11歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫はわき腹にしこりができているのですね。とてもご心配なことと思います。ワクチン接種が原因でできるしこりをワクチン関連性(誘発性)肉腫といいます。この腫瘍は、ワクチンが関係することが多いため、このような名前で呼ばれていますが、ワクチンに限らず他の注射を含む異物により、発生するといわれています。ご相談者様の愛猫はわき腹にしこりができているということですが、通常ワクチンは後足に打つことが多いです。またワクチン以外の注射でも、後足や肩甲骨の間(背中)に打つのが一般的ですので、わき腹にできているしこりは、ワクチンや注射によるものとは考えにくいでしょう。しかし、ワクチン接種が原因であるということに限らず、しこりがどういうものなのか、動物病院で細胞の検査を受けていただき、その検査結果次第で、外科的に取り除いたほうがいいのか、そのまま様子をみても大丈夫なものなのかということを判断してもらってくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。