「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 動作・意識の異常、症状 > 全身的な痙攣を起こす
20歳になる猫です。発作がよく起きます。見るのが辛いです。

ミックス | 20歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

長年一緒に暮らしてきた愛猫が、発作を起こしている姿を見るのは大変お辛いことと思います。発作には主に心臓性の発作とてんかん発作があります。どちらにしても発作が頻繁に起きるというのは、猫の体にとって、とても負担になりますから、あまりよい状態であるとはいえません。動物病院で検査をしてもらい、発作が起きる原因をつきとめ、原因疾患の治療または発作を抑えるような投薬が必要だと思われます。検査、治療をすることで、ある程度発作の頻度をおさえることは可能ですから、受診されるといいでしょう。また、発作中は心配のあまり、愛猫の名前を呼んだり、抱きしめてあげたいというような衝動に駆られると思いますが、そのような刺激が発作を助長してしまう可能性があります。発作中は静かに様子を見守ってくださいね。また発作時の様子や頻度、発作が起こる前の行動などを観察していただくと診断の手助けとなりますから、発作の様子を記録しておくといいでしょう。本当に不安で心配なことと思いますが、あまりご相談者様が心配な様子を見せると、愛猫も不安に感じてしまいます。獣医師と相談、治療しながら、今後の様子を見守ってあげてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。