「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 口・歯の異常、症状 > 歯が抜ける
6カ月になる猫です。先ほど歯が抜けて、少し血が出ているようなのですが、大丈夫ですか。

ミックス | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は、6カ月齢ということですから、歯が抜けたのはおそらく、乳歯であると推察されます。乳歯は、生後約2週目くらいから生え始め、3週〜6週で生えそろいます。そして、歯ぐきの中で永久歯が形成し始めてくると、乳歯の歯根部が吸収されてきて、乳歯がぐらぐらと動揺し、やがて乳歯が抜け落ちます。ほとんどの猫はこの乳歯から永久歯への生え変わりは、7〜8カ月齢ごろまでに完了します。 いくら乳歯の根元が吸収されているとはいえ、乳歯が抜け落ちる際には多少出血しますので、今回のご相談者様の愛猫の出血も問題ないものだと思われます。しかし時間がたっても出血がおさまらなかったり、むしろ出血量が多くなっているということであれば、かかりつけの獣医師に診てもらったほうがいいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。