「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 歯・口
難治性の口内炎を患っていて、ステロイド剤を減らすと口を痛がります。

ミックス | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

難治性の口内炎は、猫で見られる完治の難しい、慢性の口腔内炎症のことをいいます。細菌やウイルス、免疫などの要因で発症すると考えられていますが、原因は不明な場合も多いです。 症状としては、口の激しい痛み、流涎、口臭、食欲低下などです。ご相談者様の愛猫が使用しているステロイド剤は炎症をコントロールするのに効果的ですが、長く使用すると糖尿病などの副作用がでてしまい、ステロイド剤の使用が難しくなることがあります。そのため、できるだけ用量や間隔をあけてステロイド剤を使用するのが好ましいです。ステロイド剤を減らすためには、歯のスケーリングを行い歯石の除去を行うこと、抗生剤の投与、インターフェロンの投与などの治療を併用したり、最も効果的なのは臼歯または全顎抜歯とされています。 しかし全顎抜歯は麻酔できない状態や猫白血病ウイルス(FeLV)、猫免疫不全ウイルス(FIV)に罹患(りかん)していたり、糖尿病などの基礎疾患がある場合、抜歯処置を行っても効果がない場合もありますので、抜歯を望まれるようであれば、かかりつけの獣医師に相談してくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。