「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 鼻の異常、症状 > いびきをかく
1歳のスコティッシュフォールドです。いびきがひどくなってきました。何かの病気でしょうか。

スコティッシュフォールド | 1歳6カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫の中でもスコティッシュフォールドには先天的に骨軟骨異形成症を持っている個体が多いです。これは軟骨の成長不良や形成異常が起こる疾患で、スコティッシュフォールドには遺伝的に多くでます。軟骨というのは体の骨格の多くに存在し、鼻や喉頭の軟骨もその例外ではありません。おそらくご相談者様の愛猫のいびきというのはスコティッシュフォールドという猫種特有の軟骨の病気で、鼻腔などが一部狭くなってしまっている可能性が高いと思われます。 一般的な動物病院で鼻腔や喉の様子を詳細に検査することは難しいことが多いですが、いびきがひどくなってきたということであれば、一度かかりつけの動物病院でご相談されてもいいと思いますよ。 この病気には根本的な治療は今のところはなく、対症療法をすることが多いです。今回はいびきということですが、愛猫の呼吸の状態などが大きく変化していなければ急いで対処する必要はないと思います。ただし、状況をみて悪化してくるような場合には、CTなどの検査を行い、鼻腔を広げるような手術が必要になるかもしれません。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。