「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 足・歩き方・座り方の異常、症状 > 足を痛がる
愛猫が右前足をあげています。レントゲンを撮ったほうがいいでしょうか。

ミックス | 9歳0カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

愛猫は右前足をあげてしまっているのですね。猫が地面に前足をつけないということは痛みがある可能性があります。打撲や捻挫(ねんざ)、傷があるなどの可能性もありますが、骨や関節に異常があるという可能性もあります。 動物病院によっては、初診では視診や触診によって痛みのある部分をある程度特定し、骨や関節に問題がなさそうであればレントゲンは必ずしも撮らないこともあります。治療を開始して、改善が遅いような場合に追加検査としてレントゲンを撮るという場合もあるでしょう。 最初の治療はおよそ3〜5日程度の内科的な治療で経過観察することが多いです。これでも改善しないようであれば、必ずかかりつけの動物病院へ再診に行くようにしましょうね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。