「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 食事の異常、症状 > 急に食べなくなる、残す
慢性腎不全で治療中です。食欲が少し低下したのですが、なるべく動物病院へ連れて行きたくありません。どのくらいの食欲があれば様子をみていても大丈夫でしょうか。

ミックス | 19歳3カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

慢性腎不全を患っている猫に食欲低下が見られる状態は、尿毒症が進んでいることが疑われます。 尿毒症は慢性腎不全に見られる症状の一つです。慢性腎不全になると腎臓の機能が衰えますので、本来なら尿の中に排泄される老廃物が体内に溜まってしまいます。すると、消化器症状や神経症状、出血傾向などが見られるようになります。飼い主さんは、愛猫の食欲が低下して気がつくことが多いようです。尿毒症が疑われたら、体内に溜まった老廃物を尿中に流す努力をしなければなりません。そのために、輸液などで体内の水分を増やし尿量を増やす治療をします。 慢性腎不全は進行性の病気です。そして、尿毒症の状態を繰り返す度に腎臓は大きくダメージを受け病気の進行を早めます。食欲低下など尿毒症の症状が見られたら、すぐに動物病院へ行ったほうがよいと思います。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。