「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 皮膚疾患
2〜3日前から愛猫のお尻にある傷が治りません。動物病院へ行ったほうがいいでしょうか。

ミックス | 10歳3カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

傷が全く改善されていないようでしたら、すぐに動物病院へ行ったほうがよいと思います。お尻の周りは毛づくろいしやすいところなので、傷口を猫が舐めてしまっている可能性があります。猫の口の中はたくさんの細菌がいるため、傷を舐めると治りにくくなったり化膿する可能性もあります。 また、肛門嚢の炎症による傷ですと、治り難い場合があります。猫には肛門腺という肛門を中心に4時と8時の位置に臭腺があります。肛門腺の先には肛門から少し離れた皮膚の下に肛門嚢という液の溜まる袋があります。この肛門嚢に液が溜まり過ぎたり、細菌感染が起こると炎症を起こし、破裂して皮膚の傷のように見えます。皮膚の下の炎症なので、消毒をしたり抗生剤を使わないと治りにくい場合が多いです。 動物病院へ行って傷を治す手助けをしてあげてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。