「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 耳の異常、症状 > 耳の外側の毛が薄くなる
愛猫の耳の付け根の毛が片側だけ薄いのですが、原因としては何が考えられますか。

三毛猫 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

毛が薄くなる原因で多いものは皮膚病です。頭部によく見られる皮膚病は次のようなものがあります。 皮膚糸状菌症:カビの一種の皮膚糸状菌の感染によって起こります。顔や耳、四肢などに円形に近い形の脱毛ができ、その周りにフケやかさぶたが見られます。ときに、分厚いかさぶたをともなう丘疹(ブツブツ)が見られることもあります。かゆみの程度はさまざまで、ほとんどない場合もあります。 疥癬(かいせん)症:猫ヒゼンダニというダニが寄生し、皮膚炎を引き起こす病気です。顔面や耳介の皮膚に脱毛や赤い発疹(ブツブツ)ができ、フケやかさぶたが目立つようになります。症状が進むと体の他の場所にも寄生し、背中や四肢、腹部にまで病変部が広がることがあります。かゆみの程度はさまざまですが、かゆみが強く血が出るくらいかきむしることもあります。 毛包虫症:毛穴(毛包)の中に寄生するネコニキビダニ(ネコ毛包虫)というダニが原因で、皮膚炎を起こす病気です。主に、頭や顔面の周囲、首の部分で皮膚炎が見られます。ニキビダニ症を発症した部分には脱毛とフケが見られ、赤くただれたり、かさぶたができたりといった症状が見られます。体力や免疫力がない猫に発症しやすいです。 その他、食物や日光によるアレルギー、怪我の痕なども考えられます。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。