「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 皮膚・毛の異常、症状 > 毛が異常に抜ける、うすくなる
FIV陽性(猫エイズに感染)です。尾の毛がごそっと抜けているのに気がつきました。原因として何が考えられますか。

ミックス | 6歳3カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

尾に脱毛ができやすい病気として考えられるものは色々あります。ご相談者様の愛猫はオス猫でエイズウイルスに感染しているということですので、次のような原因が考えられるかと思います。 ●尾腺炎(スタッドテイル):オス猫の中にはしっぽの付け根にある尾腺が発達していて皮脂の分泌が過剰になることがあります。皮脂がたまってくると、細菌感染を起こして、皮膚炎や脱毛が見られることがあります。 ●皮膚糸状菌症:皮膚糸状菌という真菌(カビ)の感染が原因で発症します。脱毛ができ、その周りにフケやかさぶたが見られます。子猫やストレスの多い猫、猫白血病ウイルス(FeLV)や猫エイズウイルス(FIV)といったウイルス感染症がある猫、ほかの病気を患っていたり、栄養不良になっている猫など体力や免疫力が低下している猫に多く見られます。 ●ヒゼンダニ・ニキビダニの感染:顕微鏡で検査しないと見つけることができないダニの感染によって皮膚が赤くなったり、脱毛、皮膚の肥厚、かさぶた、などがみられるようになります。頭部や耳に多く見られますが他の場所でも見つかることがあります。カビの感染と同じように体力や免疫力が低下している猫に多く見られます。 これらは、考えられる原因のほんの一部ですので、動物病院で原因を確認して治療を進めてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。