「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 歯・口
9歳のミックスです。1年半前から口内炎で、ずっと抗生物質を飲んでいるのですが治りません。このまま治療を続けるべきでしょうか。

ミックス | 9歳3カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

口内炎ができる原因は色々あります。その中でも、猫エイズや猫白血病、猫カリシウイルスや猫ヘルペスウイルスなどのウイルス感染が原因の場合は治りにくくなります。ご相談者様の愛猫のように高齢であったり、腎臓病や糖尿病などにかかって体力や免疫力が落ちていても治りにくくなります。このような場合、抗生物質の治療は完全に治すことを目的とするのではなく、炎症を抑えて痛みを和らげるために行います。ですから、抗生物質の治療をやめてしまうと、症状が進んで食欲がなくなるようなことが出てくるかもしれません。 抗生物質の治療を続けても痛みが続く場合は、抗炎症剤や鎮痛剤を別に使用することもあります。愛猫の症状を獣医師によく説明して、治療を進めてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。