「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 目の異常、症状 > 結膜・瞬膜が見える
目頭の内側に膜が張っています。これは何でしょうか。

ミックス | 0歳9カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

目頭の内側にある膜は瞬膜です。第三の瞼(まぶた)とも呼ばれている白くて薄い膜です。瞬膜は、猫が健康な状態では目頭の奥に少し見えるだけで、瞼を閉じると同時に左右から出て目を覆い眼球を保護する役割をしています。 瞬膜が目頭から眼球の上までいつも露出したままの状態になってしまっている場合は、瞬膜が充血したり、炎症を起こしたり、瞬膜のリンパ組織が腫れていたりしているということで、目の病気や体調不良が考えられます。 目の病気の場合は片目に現れることが多く、異物の混入、目の傷などがあります。 全身の病気の場合は両目に現れることが多く、栄養障害、ウイルス感染、ストレスなどがあります。また、神経の障害によっても瞬膜が出てくることがあります。この場合は、縮瞳(しゅくどう)や瞼の下垂などが同時に見られることが多いです。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。