「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 皮膚・毛の異常、症状 > 毛が異常に抜ける、うすくなる
脱毛してきているのですが、動物病院に連れて行く時間がありません。何か家でできることはないでしょうか。

ミックス | 2歳6カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

まず、愛猫が痒がっているかどうか様子をみてください。非常に痒がっている場合はノミの寄生が考えられます。この場合、脱毛だけではなく、皮膚の炎症や湿疹が見られることが多いです。被毛を分けてみてください。ノミが走っている姿が見えたり、ノミの糞が見つかったら、駆除してあげてください。体重がわかれば、ノミやダニを駆除できる薬を動物病院で購入できます。 痒がっていないのに脱毛している場合はストレスが考えられます。猫はストレスを抱えると、気持ちを落ち着けようとして過剰にグルーミングすることがあります。舐めるだけではなく、毛をひっぱるといった様子も見られることがあり、脱毛が進みます。ストレスによるグルーミングは、飼い主さんの見ていないときにすることが多いので、脱毛の症状が出て初めて気がつくことも多いようです。愛猫のストレスになるような環境の変化がないか考えてみてください。 その他の脱毛の原因は、動物病院で診察しなくては分からないことが多いため、まずはこの2つを家で確認してみてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。