「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 食事の異常、症状 > 急に食べなくなる、残す
愛猫がリンパ腫で抗がん治療を始めたところ、食欲が低下しました。これは治療の副作用でしょうか。それとも通院のストレスでしょうか。

ミックス | 6歳2カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫を含め、ペットに抗がん剤を使用する目的は、腫瘍によって現れる症状を緩和させるためであることがあります。人間が腫瘍の完治や延命を期待して抗がん剤を使用するのとは違います。 このような目的のために抗がん剤を使う場合、猫(他のペットでも)は人に見られるような、ひどい吐き気や脱毛といったものは、あまりみられません。副作用をできる限り少なくして生活をしやすいようにすることを考えているからです。しかし、薬がどのように作用するかは個体差があり、抗がん剤の副作用として食欲の低下が見られる猫もいます。通院のストレスによる食欲低下も、抗がん剤の副作用による食欲低下も、次の通院時までには回復していることがあり、区別がつきにくいことが多いです。どのような目的で抗がん剤を使用していくのかを獣医師と話し合って、治療を進めてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。