「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 泌尿器官
腎不全で通院中なのですが1カ月もたないと言われてしまいました。何か愛猫にできることはないのでしょうか。

ペルシャ | 15歳2カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

腎不全の病状が進んでいると、かなり体力がなくなっていると考えられます。 体力がない猫にとって温度差は体の負担になりますので、愛猫が寝ている部屋の温度は一定に保つように心がけてあげてください。人がちょうどよいと感じていても、体調の悪い愛猫は寒さを感じているかもしれません。小さく丸まって寝ているようでしたら寝床に毛布などを入れて、調節してあげてください。 点滴を受けていると尿量が増えて、寝床でおしっこをしてしまうことがあります。おしっこで体が濡れていないか気をつけてあげましょう。 食欲の低下が見られるようでしたら、栄養補給をしてあげましょう。強制給餌をしなければならない場合は、愛猫が嫌がらない程度に少しずつ、何回にも分けて与えてくださいね。どのような食事を与えるかは、猫の好みや状態により違ってきますので、かかりつけの獣医師と相談してくださいね。 また、腎不全の症状を安定させ、延命させるためには、ストレスのない環境で安静に過ごすことが大切です。愛猫が休んでいるときは、できるだけ静かに過ごさせてあげてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。