「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 泌尿器官
1週間前に膀胱炎のような症状があり、治療中です。家で注意することはありますか。

ミックス | 4歳6カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

膀胱炎の治療中に飼い主さんに注意してほしいことは、飲み水とトイレの管理です。 飲水量が増えると尿の量が増えて、膀胱にたまっている細菌や尿石を洗い流す効果が期待できます。しかし、猫はもともとあまり水を飲まなくても平気で過ごせるため、飲水量を増やすのは難しいようです。家のあちこちに水入れを置いたり、器の種類や大きさを変えたりといった工夫をして、猫がいつでも水をたっぷり飲めるようにしておきましょう。 また、トイレを常に清潔にし、トイレ砂やトイレの容器、設置場所を猫が好むようにしてあげましょう。何らかの原因で、猫がおしっこを我慢するようなことがないように注意してあげてくださいね。 薬や食事療法食が処方されていたら、決められた通りに与えてください。食事の変更などは必ず獣医師に相談してから行ってくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。