「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す > 泌尿器官
愛猫は16歳で腎不全で亡くなりました。通院を頻繁にしたら長生きしたのでしょうか。

三毛猫 | 16歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫が腎不全になると定期的に通院して輸液をするようにすすめられます。これは、腎不全によって起こる脱水症状と尿毒症を緩和させるためです。 腎不全になると、水を飲んでも体に水分を留めておくことができなくなり、たくさんの水分が尿として体外へ出ていってしまいます。その結果、徐々に脱水症状が進んでしまうので、輸液で水分を補わなくてはなりません。 尿毒症は、腎臓の機能が低下し毒素を十分に排泄することができなくなると出てくる症状です。吐き気や胃潰瘍、神経症状が出ることもあります。毒素を排泄するためには尿量を増やさなければならないため、輸液が必要になります。 このように腎不全の治療は輸液が大変重要になります。 一方で、腎不全の症状を安定させ、延命させるためには、ストレスのない環境で安静に過ごすことが大切です。猫にとっては、通院や注射などを頻繁にすることがストレスになることもありますので、通院による輸液の頻度は、猫の体調や性格などを見ながら決めていきます。ですから、頻繁に通院することが、全ての猫にとって延命効果があるとは言えないと思います。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。