「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 皮膚・毛の異常、症状 > 皮膚に発疹ができる
愛猫の顔にぶつぶつができ、天疱瘡(てんぽうそう)、エリテマトーデスではないかと言われました。どのような病気でどのような治療をしますか。

ミックス | 4歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

天疱瘡には4つのタイプがありますが、猫に最も一般的にみられるのが落葉状天疱瘡です。自己免疫性疾患といわれるもので、体の成分が自分の身体を誤って攻撃し損傷することによって症状があらわれます。猫では、鼻と耳介に病変が限局することが多く、かさぶた・湿疹・脱毛・潰瘍などが現れます。爪の脱落・爪の周囲炎・パッドの肥厚や潰瘍がまれに見られます。かゆみや痛みの程度はさまざまで、発熱・元気消失・食欲不振・体重減少などの全身症状を認めることもあります。 エリテマトーデスは免疫介在性疾患といわれるもので、皮膚を含めた多くの臓器で炎症をおこします。猫の症状は一般的に顔と耳にかさぶた・脱毛・湿疹・潰瘍などができます。まれにパッドの肥厚が見られることがあります。かゆみの程度はさまざまです。 初期の治療はステロイドを使用することが多く、ステロイドで十分な反応が得られないときには、他の免疫抑制剤の使用を考えます。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。