「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す > 目の異常、症状 > 目やにが多い
最近目やにがよく出ています。愛猫自身は気にしていないようですが、様子を見て問題ないですか。

キジトラ | 0歳9カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

目やには生理的に見られる症状ですが、いつもより多い場合は注意が必要です。黄色や緑色など濁った色の目やにが出る場合は細菌感染が考えられます。結膜炎、猫風邪、アレルギー、角膜の傷などにより増えた涙に二次的に細菌感染が起こると、このような目やにが見られることがあります。 また、片目だけに見られる場合は結膜炎や角膜の傷によるもの、両目に見られる場合はアレルギーや猫風邪によるものの可能性が高いです。 茶色っぽい目やには生理的にも見られるものですが、いつもより多く見られる場合は涙の量が増えている可能性があり、原因は上にあげた病気が考えられます。 また、涙の量は正常でも、鼻涙管という目と鼻をつなぎ涙を鼻に通す管が狭くなる、もしくは詰まってしまうことにより、目から涙があふれてしまい涙の量が多く見えることもあります。これを鼻涙管狭窄・鼻涙管閉塞といいます。 原因によっては自然に回復することもありますが、原因によっては他の猫にうつったり、失明してしまうこともありますので早めに受診されることをおすすめします。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。