「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 食事 > 食事回数、タイミング
1歳のオスです。日中寝ていて、夜活発になり、お腹がすくのか起こされます。いい対処法はありますか。

ミックス | 1歳5カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

本来猫は、夕方や朝方などの薄暗い時間を狙って狩りをし、獲物をとって生活する動物です。ご相談者様の愛猫は1歳の男の子ですので、元気もパワーもあり余っているため、そういった行動に出てしまうのだと思います。とはいえ、夜中に起こされるのはご相談者様にとっても大変なことですよね。 対策としては、一日2回フードを与えているのであれば、朝にあげる量を少なめにし、夜にあげる量を多めにすることでしょうか。また、夜あげる分から少し残して人間が寝る前に愛猫に与えるのも効果的だと思います。また、愛猫が起こすたびに起きてごはんを与えてしまうと、それが習慣化されてしまうため起こしにきても無視したほうがいいでしょう。夜になるべく寝てほしい場合は昼間の遊びを増やし、愛猫を疲れさせるといいでしょう。年齢とともに落ち着いてくるとは思いますが、人間の睡眠に支障が出てしまう場合は夜だけ人間と愛猫のスペースを分けることがおすすめです。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。