「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 食事 > 食事の与え方
愛猫が交通事故に遭いました。鼻から流動食を与えるようすすめらています。

ミックス | 13歳7カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

現在の愛猫の状態にもよりますが、事故からの回復にはエネルギーが必要です。食事をとるということは生命維持のためにとても大切です。 事故の影響で口からものを食べることができない場合は、鼻から胃にチューブを通して流動食を与えたりすることもあります。そのほかにも口からものが食べられないような子に食事を与える方法はありますので、愛猫の状況に合わせてどの方法がいいか選択します。ご相談者様の愛猫が早く回復されることをお祈りしています。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。