「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 健康管理
生後半年ごろから白血球が少ないと言われていますが、何か問題はありますか。

アメショ | 7歳6カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫の中には普段から白血球数が少ない個体がまれに存在します。白血球は外部から侵入してくる細菌やウイルスと闘ういわば体の中の兵隊のような役割を果たしています。この数が少ないということは感染症を起こしやすかったりする可能性があります。通常は体の中に細菌が入ってきたり、炎症が起きたりすると、体が反応して兵隊をたくさん増やします。 小さい頃から平常時の白血球が少ない状態であった子は、自分の体を守ることのできる必要最低限の白血球数を維持していると考えられます。ただし、発熱があったり、具合が悪い場合にも白血球数が低い場合には体が負けてしまう可能性もあるので、動物病院でしっかり検査を受け、適切な対処を検討しましょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。