「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

生態・行動 > 成長
愛猫は7カ月になり、ヒゲが伸びてきたのですが切ったほうがいいのでしょうか。

ミックス | 0歳7カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫のヒゲは色々な役割をしています。切ってしまうとその役割が果たせなくなってしまうかもしれませんね。 ヒゲは「洞毛」と呼ばれる毛の一つです。洞毛は、からだ全体に生えている被毛と違い神経が集まっていて、空気の流れや小さな動きにも敏感に反応します。洞毛が生えているのは鼻の下だけではなく、目の上、頬の横、あごの下、前足の下のほうにも生えています。暗闇で動くとき、高い場所でバランスを取るときなど、空気の流れを感知して視覚に頼らずに動くことができます。 また、ヒゲの根元には筋肉がついていて自由に動かすことができます。猫が歩いているときは広い範囲を感知するためにヒゲを外側に向けてピンと張っているように見えます。猫が休んでいるときはヒゲをたたむように後ろに向けます。他にも猫同士が挨拶をしたり、においをクンクン嗅ぐときのヒゲはだらんとした状態になります。 室内で生活している猫のヒゲを切ったからといって、動きが悪くなる、バランスが取れなくなるといった様子が見られることはほとんどないようです。しかし、猫にとって大切な感覚器であるヒゲは切らずにそのままにしてあげたほうがいいと思いますよ。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。